みどりの森デンタルクリニック 町田 ─「最小限の治療と最大限の予防」をモットーに、根本から治す、本当の歯科治療を追求しています。

お知らせ

歯科医院が行う歯周病の治療と予防

2022.08.18



みどりの森デンタルクリニックです。
本日は「歯科医院が行う歯周病の治療と予防」についてお話しします。

 
【1】歯石の除去

歯の表面に付着した歯石や沈着物を機械で除去し、またプラークが付着しないようにするために専門家による歯のクリーニングを行います。

プラークは、滑らかな歯の表面には付着しにくく、さらに、ご家庭の歯ブラシでのプラーク除去もしやすくなります。歯石の程度は、自分では気づかないうちに歯の表面がザラザラしていたり、歯と歯の間に挟まったものだったり、溜まって大きな歯石になっていたりと、色々なパターンがあります。

ご自身で気づかない場合も多々ありますので、一度歯科医院でチェックを受けると良いでしょう。

 
【2】歯の表面の研磨

歯と歯の隙間の歯垢、お茶などによる色素沈着など、ご自身のケアではどうしても残ってしまう汚れを除去し、お口の中の環境を改善します。

 
【3】PMTCとは

PMTCとは、”Professional” “Mechanical” “Tooth” “Cleaning “の頭文字をとったものです。 病原性の高い細菌を除去し、歯周病を予防することができます。定期的に行うことで効果を発揮します。

『歯科医院は何ヶ月おきに通えばいい?】

細菌は歯の表面に付着しますが、実は順番があります。まず最初に歯に着く細菌があり、その後、さまざまな種類の別の細菌が歯の表面に付着します。後から来る細菌の方が危険で、何もしないでいると歯肉が侵されていきます。

細菌が歯の表面に付着、他の細菌が群がり始め、歯周病菌ができ始めるまでには、3ヵ月かかると考えられています。そのため、3ヵ月に一度は歯科医院を受診し、歯の表面から細菌の塊を取り除くことが推奨されています。

そうすることで、歯が病的な状態に移行することを防ぎ、常に健康な状態を保つことができるのです。

 
『まとめ』

歯の表面にできた歯石は、歯ブラシで取り除くことができないため、歯科医院で専門家が除去する必要があります。歯科医院に行くと、歯茎の中に入り込んだ歯石や歯垢を取り除いてくれます。

自宅での歯のクリーニングだけでなく、プロのクリーニングも積極的に活用し、健康な歯をキープしましょう。

 
少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 
町田駅ターミナル口徒歩3分の歯医者
『みどりの森デンタルクリニック』
東京都町田市原町田4-9-8 サウスフロントタワー町田シエロ 2階
TEL:042-850-9306

一覧に戻る