かみ合わせ治療

    勘と経験による試行錯誤の治療から、データに基づく科学的な治療へ

    かみ合わせ

    口の開け閉めのすると、顎がガクガクと音がなる。
    顎の周りの筋肉や関節が痛い。
    頭痛や腰痛、肩こりがひどい。

    このような顎や体の不調を感じたことがある方も多いのではないでしょうか?

    これらの症状はかみ合わせの悪さが原因となっているケースも多く、中には歯科治療後にこのような症状が出るようになったと相談に来られる方もいます。

    「かみ合わせ」はすべての歯科治療にかかわる基礎的な分野ではありますが、実は非常に奥深く、まだまだ科学的に解明されていない部分も多いため、ほとんどの歯科医院では歯科医師個人の勘と経験に頼った治療をしているのが現状です。

    ゴールの見えないまま試行錯誤で治療を進めていては、歯は悪くなる一方です。

    当院では、可能な限り科学的に正確な治療を行うため、いままで勘や経験に頼っていた診断を客観的データとして数値化し、治療のゴールを明確に設定したうえで治療を開始させていただいております。

     

    当院のかみ合わせの診査について

    CADIAX(キャディアックス)

    かみ合わせ治療において非常に重要となるのが、その人本来の正しい噛み合わせの位置はどこにあり、今現在その噛み合わせの位置からどのぐらいズレているのかといった数値を正確に把握することです。

    また噛み合わせがズレている場合は、そのズレが口腔内にどのような影響を及ぼしているのかも診査する必要があります。

    当院では、CADIAX(キャディアックス)という装置を使用し、顎が本来あるべき位置から何ミリずれているかといった数値データを3次元で細かく測定・解析しています。

    CADIAX(キャディアックス)は取扱いが難しく高度な技術と知識を要するため、日本では導入している歯科医院は数件しかありませんが、確実で正確な噛み合わせ治療のためには必須の検査であると考えています。

     

    かみ合わせ総合検査について

    まずは無料(※)にてかみ合わせ模型検査を実施します。
    ※通常価格5,000円の検査を期間限定で無料にしております。 かみ合わせ模型検査について詳しくはこちら

    必要な方に限り行います。

    かみ合わせ総合検査 初回 65,000円
    (セファロ・模型診査・歯ぎしり検査・顎機能検査)

     

    セファロ撮影(5,000円)

    セファロを撮影では、頭蓋と顎の位置関係や咬みあわせの高さなど、様々な事が診査できます。

    セファロ撮影

     

    模型検査(5,000円)

    模型検査

    口腔内を口腔外へ表現します。咬合器に装着し、口腔内ではみることの出来ない角度から様々な事を診査します。

     

     

    歯ぎしり検査(5,000円)

    歯ぎしり検査

    夜間に使用して頂き、「歯ぎしり」等を調べます。
    歯ぎしりはだれもがやる行為ですが、歯にダメージを与える歯ぎしりと、そうでない歯ぎしりがあります。

     

    顎機能検査(50,000円)※2回目以降 30,000円

    顎の状態を検査します。顎の位置が悪いと、虫歯にも歯周病にも、さらには顎関節症にもなりやすくなります。

    顎関節の中は目に見えないため、非常に有益な検査になります。 

    CADIAX(キャディアックス)

    CADIAX(キャディアックス)

    患者さんのお顔に専用の機器を装着し、顎の動きをリアルタイムで正確に把握する測定器です。

    口を開けた際の動きや、咀嚼(そしゃく)中の動きなどを細かく解析し、歯科技工物の作製に役立てることができます。

    CADIAX(キャディアックス)

     

    シークエンシャル咬合理論に基づく、かみ合わせ治療

    「シークエンシャル咬合」とは

    シークエンシャル咬合

    「シークエンシャル咬合」は、ウィーン大学のスラビチェック教授によって構築された考え方で、現在はヨーロッパだけにとどまらず北米・南米やアジア地域にも広く浸透している咬合理論です。

    具体的には、上下の歯が噛んだ状態で歯ぎしりをするように下顎を横にスライドした時、最初にまず奥歯(第1大臼歯)が離れ、次にひとつ前の歯(第2小臼歯)、犬歯の隣の歯(第1小臼歯)と順次に離れ、最後には犬歯のみが当たっている状態になる咬合様式を言います。

    安定した良い噛み合わせの条件として「犬歯誘導(けんしゆうどう)」を確立させるというものがありますが、これは同じように上下の歯が噛んだ状態で下顎を横にスライドした時、上下犬歯だけが噛み合っていて奥歯は噛んでいない状態をいいます。

    歯は縦方向の噛む力には強いけれども横方向に揺さぶられる力には弱いという特性があるため、横の力が加わった時には歯の中で最も長くて丈夫な歯根をもつ犬歯がその力を受け止めて分散させることで、奥歯に負担がかからないようにしてるのです。

    この犬歯がずっと機能を維持してくれていれば問題ないのですが、経年により摩耗してしまうことでその機能がうまく果たせなくなります。

    そこで、犬歯がその機能を失ってしまったときに、次にかみ合う第1小臼歯、第1小臼歯もダメになった時には第2小臼歯が犬歯の機能をサポートし、奥歯を保護できるようかみ合わせを構築する必要があるのです。

    当院では、すべての歯科治療においてシークエンシャル咬合の考え方を取り入れ、歯を守る治療を徹底しています。

     

    補綴咬合治療

    つめ物やかぶせ物が合わないためにかみ合わせを悪化させているような場合は、つめ物やかぶせ物を新しく作製しなおす必要があります。

    ここでポイントとなるのは、いきなり歯を削ったり被せたりするといった行き当たりばったりの治療は非常に危険であるという事。歯は一度削ったら元には戻りませんし、安易に治療を行うことで予期せぬ不具合が出てしまうこともあります。

    当院では、「ワックスアップ診断」「プロビジョナルレストレーション」という2つの工程により綿密にシミュレーションを重ね、リスクを最小限に抑えたうえでよい結果を確実に残すことができる治療方式を採用しています。

     

    ワックスアップ診断
    ワックスアップ診断

    ワックスアップ診断とは、お口の中をの状態をまずは模型上で再現し、模型上で治療のシミュレーションを行うことです。

    本番前に一度模型上で模擬的に治療をしてみることで、取り返しのつかないミスの発生をおさえたり、最終的な治療後のゴールのイメージを明確にすることができます。

    この治療を行うことで、本当に悪くなった原因を解決できるのか、将来問題が起きたりしないか、まずは模型上で綿密に検証しながら最適な治療計画を立てていきます。

     

    プロビジョナルレストレーション
    ワックスアップ診断

    プロビジョナルレストレーションとは、ワックスアップ診断をもとに作成した理想のかみ合わせを、まずは仮の歯を使って実際のお口の中に再現してみることを言います。

    お口の中のトラブルが複数の問題によって起きている場合は、各治療段階ごとに仮歯を作成し、問題を一つ一つ解決しながら理想の状態を作り上げていきます。

    最終段階では、色や形が患者さんのお口元に調和しているか、使い心地や噛み心地、ケアのしやすさはどうかといったことを患者さんと一緒に確認しながら、最終的な補綴物と色や形が全く同じ精密な仮歯に仕上げていきます。

    事前に見た目や使い心地を確認することができるため、「思っていたイメージと違った」といったトラブルもなく安心して治療を進めることができます。

     

    矯正治療

    矯正治療

    受け口、出っ歯、開咬といった不正咬合が原因で症状を引き起こしている場合は、矯正治療によるかみ合わせの改善が必要です。

    ここでのポイントは、抜歯が必要となる治療方法はなるべく避けるという事。

    現状、抜歯の第一選択肢としては小臼歯の抜歯を提案されている矯正医がほとんどですが、小臼歯は理想的なかみ合わせを構築するうえでとても大切な役割を持っている歯です。見た目の美しさだけを考慮して安易に抜歯してしまうと、矯正治療後にうまく物が噛めなくなったり、顎関節症を引き起こしてしまったりと機能的な障害を発症させてしまうことも少なくありません。

    当院では、見た目が美しくなることはもちろんのこと、機能的に良いかみ合わせを作ることこそが矯正治療の目的と考え、「歯を抜かない矯正治療」をご提案させていただいております。

    土台となる骨格からかみ合わせを整えることで、ほとんどの症例を非抜歯かつ非外科手術で治療することができております。

    →矯正治療へ

     

歯でお困りのことがあれば
みどりの森デンタルクリニックまでご相談下さい。

TOP