矯正治療

    矯正治療で見た目と機能面を考えた治療

    かみ合わせ

    「矯正の相談に行ったら、親知らず以外の歯の抜歯が必要と言われた。」
    「矯正してもかみ合わせがおかしい」
    「矯正して顎が痛くなった」

    最近は、このような矯正治療に関するトラブルのご相談が増えてきたように思います。

    そのような方の口の中を拝見すると、奥歯の噛み合わせがズレてしまっている方がほとんど。中には審美性を重視して第一臼歯を抜歯してしまったためにかみ合わせのバランスが大きく崩れ、顎関節症を引き起こしてしまったという取り返しの付かない事態に陥ってしまっている方も少なくありません。

    矯正治療を検討されている患者さまのご要望として「見た目の改善」という要素が大きいことは事実ですが、機能性を伴わない美しさは、残念ながら決して長くは続きません。

    当院では、生涯にわたる歯を失うリスクを下げ、一生自分の歯で噛める環境を作ることを治療の大前提とし、機能的にも審美的にも美しく仕上がげることを追求した治療を行っております。

     

    当院の矯正治療の特徴

    1、歯を抜かない 2、短期間(1年半~2年)で治療終了 3、外科手術なし

     

    1、歯を抜かない

    矯正治療

    「歯を抜かないで矯正すると、口元が出てゴリラのような顔つきになると言われた。」

    当院に矯正相談にいらっしゃる患者さまから、このようなお話を聞くことが多々あります。

    現在、非抜歯による矯正治療を推奨する医院が増えてきましたが、そのほとんどが「拡大床」と呼ばれる装置を使用して歯列を拡大することで歯が並ぶスペースを確保するというもの。

    拡大床は適切な使用の範囲内では有用な装置ですが、歯を抜かずに並べることを重視するあまり骨格の限度を超えて歯列を広げすぎてしまい、口元が出てしまったりかみ合わせが悪化してしまったりというトラブルが発生しているのも、残念ながら事実です。

    しかし、歯が並ぶスペースを確保するには、拡大床によって水平的に歯列を広げる方法だけが唯一ではありません。奥歯を奥へ移動させたり、顎そのものの位置を調整したり、歯の傾きを正すことでスペースを確保したりすることも可能なのです。

    従来までの矯正装置は、歯の水平に移動させるのは得意だけれども歯を垂直に移動させるのが苦手で、歯をキレイに並べるのは出来るけれど顎の位置を調整するのは難しいといった弱点があったのですが、マルチループワイヤー(MEAW)という装置を使用することで歯の垂直移動や顎の位置の調整もでき、非抜歯治療でもお口元が出ずに矯正治療を行うことができるようになりました。

    矯正治療によって、噛み合わせにとって非常に大切な役割を持つ健康な歯を抜いてしまうのは、本末転倒とも言えること。マルチループワイヤー(MEAW)を使用した矯正治療は難易度が高く、高い技術と経験を要する治療のため、残念ながら対応している医院はそれほど多くありませんが、ご自身の大切な歯を守るために、是非、しっかりとした技術と経験をもった適切な医院選びをしていただきたく思います。

     

    小臼歯が担っている大切な役割
    矯正治療

    そもそも、矯正治療で抜歯が必要になると診断された場合、なぜ抜歯の第一選択肢が第一臼歯になるのでしょうか?

    実はそれは、個々の歯のかみ合わせの機能を考えて決定された基準認識ではなく、便宜上、中間にある歯を抜いた方が歯を動かしやすい・並べやすいといった単純な理由にすぎません。

    ですが、歯には一本一本、位置や形に意味があります。現代人にとって親知らず以外の28本の歯は「良いかみ合わせ」を構築するうえで必要不可欠なものなのです。

    当院では、抜歯の必要がある場合はその第一選択を「親知らず」とし、第一臼歯の抜歯は致しません。それは、第一臼歯はかみ合わせにとって、下記のような非常に重要な役割を担っているからです。

     

    下顎が後方に下がることを防ぎ、顎関節を守る

    人間の下顎は、左右の顎関節によって頭蓋骨に繋がっているだけで、実はとても不安定な形をしています。
    歯は、その不安定な下顎の位置を一定の位置で安定させ、必要以上に下顎が前後左右に動かないようにガイドする機能も持っています。
    第一小臼歯は、そういった下顎の動きのうち、後方への動きを制御するストッパーの役割を担っている歯。
    顎が後方に下がると、顎関節の後ろの脳に通じる大切な経路である神経や血管の束が圧迫されてしまいます。その結果、自律神経のバランスにも影響を与えてさまざまな障害が出てくる恐れもありますので、そういったトラブルを抑えるためにも第一小臼歯はなくてはならない大切な歯なのです。

    安定したかみ合わせを得る

    かみ合わせを安定させるための条件の一つとして、歯のアーチが大きく歯のかみ合う面(咬合平面)が大きいという事が挙げられます。
    小臼歯を抜歯してしまうと、歯のアーチが狭くなり咬合平面も小さくなってしまいますので、その分かみ合わせも不安定になってしまいます。
    かみ合わせが不安定で落ち着かない状態が続くと、身体に余分な力が入ってしまい、肩コリや頭痛などの症状が出てしまうこともあります。
    また、噛む機能も低下してしまうため残りの歯にかかる負担が大きくなり、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

     

    2、短期間(1年半~2年)で治療終了

    矯正治療

    矯正治療にかかる期間は、治療を始める年齢やかみ合わせの状態などによってもそれぞれ異なりますが、平均的には成人の場合で2~3年ほどの期間を要するのが一般的です。

    しかし当院では、マルチループアーチワイヤー(MEAW)を使用することで、通常2~3年かかる治療も1年半~2年ほどで治療を終了することができております。

    MEAWは一本一本の歯に対してループ状に曲げられた特殊な構造をしたワイヤーで、歯を3次元的に自由に、かつ同時に移動できるのが特徴です。

    従来の装置は、歯の水平方向への移動は得意ですが垂直方向の移動は苦手だったため、歯を動かしたい場合にはまず横に移動させてから(傾斜移動)垂直に立て直す必要がありました。

    しかし、MEAWはすべての歯を同時に最短距離での移動を行うことが可能ですので、治療期間を大幅に短縮することができます。

    歯をしっかりと垂直に立て直すことによりかみ合わせも安定し、後戻りのリスクも抑えることができます。

     

    3、外科手術なし

    矯正治療

    下顎が極端に前に出ている重度の受け口や開咬の方など、骨格的要因が強い不正咬合の方の場合、通常は矯正治療に加えアゴの手術を行う外科矯正治療が必要と診断されます。

    しかし当院では、そのような他医院で外科手術が必要と言われた症例であっても、外科手術なしでの治療を行っております。

    外科手術を行わない治療の場合、骨格自体の形を改善することができないために外科手術を併用した治療ほどお顔立ちを劇的に変化させることはできませんが、機能的にきちんと噛める状態にすることはほとんどのケースで達成できます。

    他医院で外科手術しないと治らないと言われた方、かみ合わせを改善したいけれど手術に抵抗があるという方は、まずは一度当院までご相談にいらしてください。

     

    なぜ外科手術なしで治療できるのか?

    従来までの矯正治療の技術では、個々の歯の位置をコントロールすることはできても、顎をコントロールすることは難しいとされてきました。

    外科手術を避けるには、顎の骨がまだ柔らかく成長段階にある小児のうちから顎の成長をコントロールする治療を行うことが必要であり、骨の成長が止まってしまった成人の場合は、手術をしなければ骨格性の不正咬合は改善できないというのが一般的な見解だったのです。

    しかし近年では、矯正治療技術や材料の進歩により、下顎を適切な位置に誘導することができる治療法も確立されてきました。そのうちの一つが、MEAW法による「垂直的なアプローチ」という概念です

    例えば重度の受け口の方の治療の場合、従来までは「水平的なアプローチ」の概念しかなかったため、過成長で出すぎてしまった顎を引っ込ませるには、外科手術で下顎自体を短くする方法しか手段がありませんでした。

    しかし、中には下顎の位置が低くなってしまっていることが原因で下顎が大きく見える受け口の方もいらっしゃいます。そのような方の場合、下顎の高さを調整する「垂直的なアプローチ」を行うことで、外科手術なしで受け口を改善することが可能なのです。

    カウンセリング時には、外科手術なしで受け口や開咬が改善した治療例などもお見せしながら治療後のイメージもお伝えさせて頂いております。気になる方はまずが一度カウンセリングにいらしてください、

     

    矯正治療で使用する装置

    MEAW(マルチループアーチワイヤー)

    MEAW(マルチループアーチワイヤー)

    MEAWとはMulutiloop Edgewise Arch Wireという英語の頭文字をとったもので、ボストン大学のヤング・キム博士によって開発された矯正装置です。

    MEAWは、1本の歯ごとにL字型のル−プがついた特殊な構造をしたワイヤーで、従来のストレートワイヤーでは難しかった3次元的な歯の動きが可能であることが最大の特徴といえるでしょう。

    これにより、倒れている歯をまっすぐにしたり、歯を奥に動かしたり、顎の位置を調整したりといったコントロールもできるようになったため、従来までは抜歯や手術が必要だったケースであっても、非抜歯・外科手術なしで治療することができるようになりました。

    当院では、このMEAWワイヤーの使用に加え、オーストリア咬合学を元にしたかみ合わせ治療を併用することで、後遺症や後戻りの少ない矯正治療を行っております。

     

    ゴムメタルワイヤー

    ゴムメタルワイヤー

    ゴムメタルワイヤーとは、トヨタグループの豊田中央研究所で開発された新チタン合金で作られた矯正用ワイヤーです。

    ゴムのようにしなやかな弾性を持ちながら剛性も持ち合わせているため、しなやかではあるが曲げることができない従来のニッケルワイヤーの弱点を補う新素材として注目されています。

    MEAW同様、歯の3次元的な動きを与えることができますが、MEAWのようにループが付いていないため、見た目がシンプルで装置が目立ちにくいという利点があります。

     

    当院のかみ合わせ・矯正治療の診査診断について

    当院では日本でも数件しか出来ない診査診断システムで検査します。

    1.レントゲン撮影

    レントゲン撮影

     

    2.セファロ分析

    顎顔面頭蓋の様々な角度を分析して、最適な角度、高さを計測します。

    セファロ分析

     

    3.模型診査

    口腔内を口腔外に表現し、様々なことを診査します。

    模型診査

     

    4.顎機能検査

    オーストリア咬合学の権威であるスラビチェック教授が開発した、顎の動きやかみ合わせを検査するシステムです。

    口の中の病気の原因として、細菌とかみ合わせの状態が非常に重要だということが分かっています。このシステムを使うことで、重要なかみ合わせを調べることができます。

    顎関節症や顎の痛み・体のしびれ・肩のこりなど、かみ合わせが問題で体のバランスが崩れてしまっている場合や、かみ合わせを大きく変える矯正治療やインプラント治療などを行うときに検査を行います。

     

    CADIAX(キャディアックス)
    CADIAX(キャディアックス)

    患者さんのお顔に専用の機器を装着し、顎の動きをリアルタイムで正確に把握する測定器です。

    口を開けた際の動きや、咀嚼(そしゃく)中の動きなどを細かく解析し、歯科技工物の作製に役立てることができます。

     

    CADIAX(キャディアックス)

     

    CADIAS(キャディアス)
    CADIAS(キャディアス)

    頭部のレントゲンをもとにして、顎の位置関係を診断します。

    正確な分析によって患者様に最適な治療計画を立てることができます。

     

歯でお困りのことがあれば
みどりの森デンタルクリニックまでご相談下さい。

TOP